育毛剤選びで悩んだら参考サイトをチェック

私が育毛剤を使い始めた当初、ドラッグストアで売っている育毛剤を選んでいたんですね。
安すぎるのは不安だったし、高すぎるのは躊躇してしまったので、それなりのものを買っていたんです。

でも、ドラッグストアで売っている育毛剤って評価を見るとイマイチなのが多いんですね(汗)

育毛剤の良し悪しって、結局成分によるんですが、ドラッグストアで売られているのは、あまり良いのが配合されていないのが多みたいです。

とはいえ、全部が全部そういうわけではないんですけどね。

で、最近では育毛剤を選ぶ時は、事前にインターネットで評価や成分をしっかりと確認してから選ぶようにしています。

最近よく見ているのは、次のランキングサイトで育毛剤の成分などをチェックしてから選ぶようにしています。
最近発売開始されたものなども比較的早く情報がアップされているので参考にしています。

育毛剤のランキングサイト

以前のように手当たり次第育毛剤を買ってたのと比べると、やはり成分についても詳しくなりますし、しっかりと期待できますよね。

とはいえ、今では同じ育毛剤をリピートするようになっているんですけどね。
昔の育毛剤に比べると、成長因子が配合された商品が増えたり、ミノキシジルに近い成分が配合されている成分が増えたりと、いろいろ進化していますよね。

だからこそ育毛剤選びで悩んでしまう方も多いと思いますが、そういう方こそいろいろな情報をまずは入れてから選ぶと良いかと思います。

育毛剤と一言で言っても、化粧品(育毛スカルプエッセンス)、医薬部外品、医薬品(プロペシアやミノキシジルなど)があるので、まずは自分に合ったものをしっかりと選ぶことが大切ですからね。

育毛サプリメントを適当に選ぶのはNG!必要な栄養が豊富に配合されたサプリを選ぼう!

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、育毛サプリを飲み始める方も多いですよね。
でも、商品数も多いのでどれを選んだらよいのかわからない…という方も多いですね。

なので、インターネットなどで広告を見てなんとなく選んでしまっている方も多いかと思います。

そもそも論ですが、育毛サプリメント”だけ”を飲んでいても効果は期待できません。
とうのも、育毛サプリメントを飲む意味は、普段の食事では補えない栄養を摂るためだからですね。

たとえば、髪の毛の生成に必要な「タンパク質」「ビタミン類」「亜鉛」「銅」などを、しっかりと摂れている人は少ないといわれています。
ひとり暮らしで偏食気味な生活を送っていたり、好き嫌いが多い方は、なかなか満足に栄養を摂れないですよね。

必要な栄養が不足してしまうと、髪の毛の生成に必要な栄養がないわけなので、髪の毛が細くなったり抜け毛やすくなってしまうんですね。
そこで、育毛サプリメントの出番です。

育毛サプリメントなら、育毛に必要な成分がギュッと凝縮されているわけなので、手軽に摂れるわけですね。

ですが、育毛サプリメントを適当に選んでしまうと、必要な栄養を補えない可能性もあるのです。
というのも、実はサプリメントによっても配合されている成分はバラバラ。

サプリメントによっては、わずか数種類しか成分が配合されていないものもあるんです。
どうせなら、一度でできるだけ豊富な成分を配合されたサプリメントを摂るほうが良いですよね。

そのため、サプリメントを選ぶ時は、配合されている成分をぜひチェックしておきたいですね。

また、どのような成分が配合されているのかも大切です。
配合されている成分数が多かったり、値段が安いだけで選んでしまうと、必要な栄養が不足することもありますからね・・・

このように、育毛サプリメントも成分をしっかりと確認しないと失敗してしまうんですね。
最近では、次から次へとサプリメントも増えてきているので、しっかりと成分をチェックしておきたいですね。

最近話題の成長因子(グローファクター)って何?再生医療の現場でも使われているその実力とは?

最近、育毛分野で注目されている成分の一つとして「成長因子」というのがあるのをご存知ですか?
成長因子は、グロースファクターとも呼ばれており、医療現場、特に再生医療の現場で活用され始めている成分となっています。
特に育毛分野では、AGA専門クリニックなどで活用され始めてきていて、注目されるようになっているんですね。

では、成長因子にはどのような働きがあるのかというと…
細胞の分裂(増殖)を促す
コラーゲンなどの成分を生成する助けとなる
このように、育毛に欠かせない働きをするため話題になっているんです。

成長因子にはいろいろな種類があり、その数はかなりの数になるといわれています。

たとえば…
髪の毛を作る上で欠かせないケラチンという成分の生成を促す働きがわかっているKGF
細胞分裂を促し発毛を促進させる働きがわかっているIGFなどがあります。

この他にも、EGF「ヒトオリゴペプチド1」、VEGF「ヒトオリゴペプチド11」など、本当にたくさん種類があるんですね。

最近では、これら成長因子を配合した育毛商品も続々と販売されています。
成長因子は、もともと私たちの体内にある成分なので副作用の心配はありません。
そのため、自然由来の成分で安心して薄毛対策に取り組みたいという方にピッタリなんですね。

これから育毛剤や育毛ローションなどを使おうと考えている場合、成長因子を配合した商品を選ぶのも一つの選択肢です。
まだまだ種類は少ないですが、今注目されている為期待できそうですね。

ただし、成長因子を配合した育毛商品には欠点があります。
それが、値段がとても高いということ。

他の育毛剤に比べると値段が効果であるため、継続するにはそれなりのコストが必要です。
とはいえ、それらを踏まえた上でもやはり使い続ける価値はあるので、気になる方は試してみると良いですよね。

適当に育毛剤を選んでいるだけでは意味なし!実感できる育毛剤を選ぶために必要なことって何!?

育毛剤ってめちゃくちゃたくさん販売されているものの、完全に毛が生えるのってないですよね。
というか、「毛が生える」という宣伝文句は、薬事法の関係で使えないのが現状です。

そのため、どのメーカーさんも、かなりあいまいな宣伝文句で販売しているのが現状となります。

しかし、薬事法違反している商品の場合「必ず毛が生えます」「発毛率90%以上」など、アウトな表現のオンパレード。
ま、こういった商品を選んだところで実際に90%以上が発毛するのかといえば、そうではないのですが。

現在、日本皮膚科学会が発表しているAGAのガイドラインによると治療として評価できるとされているのは、「プロペシア」「ミノキシジル」の2つだけ。

プロペシアは、皮膚科やAGA専門クリニックで処方してもらえますし、ミノキシジルは、リアップを買えば配合されています。

たしかに、この2つを使った薄毛治療に取り組むのがベストだといえますが、市販の育毛剤でも実感されている方は少なくありません。
しかし、ほとんどの方が実感できずに終わっているのが現状ですよね。

その理由の一つに、しっかりと成分を確認していないということもあるかと思います。
私自身、初めて育毛剤を買った時は、とりあえず口コミが良かったのを選びましたからね。

でも、一番大切なのはやはり成分なんですね。
特に、抜け毛の原因となるDHTの生成をブロックできる働きのある抗男性ホルモン作用のあるものがよいんです。

最近の育毛剤には「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」などとして配合されています。

ただ、個人的には育毛剤”だけ”に頼った対策はイマイチだとも思っています。
というのも、薄毛対策って普段の生活習慣から何から総合的に取り組むのが大事だからです。

そのため、活用できるのはすべて活用するぞ!くらいの勢いで取り組んだ方が納得できるかと思いますよ。

AGAを治療するには皮膚科に行くことが先決です!

薄毛が気になり始めても「まだ大丈夫かな?」と先延ばしにされる方がとても多いです。
たしかに、自分が薄毛であることを受け入れるというのは、かなり抵抗がありますよね。

でも、先延ばし先延ばしにしていると治療をしても効果を得られないリスクが高まってしまうのです。

最近では、薄毛治療を行っている皮膚科に行くと有効成分フィナステリドが背後されたプロペシア錠を処方してもらえます。
プロペシアは、抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制するため、乱れたヘアサイクルを整える働きがあります。

そのため、初期で始めた方ほどプロペシアを服用するだけで実感しやすいと考えられています。

しかし、先延ばし先延ばしにしていた場合、プロペシアだけではなかなか実感できず、現状維持で終わってしまう方もおられます。
簡単に言えば、毛根が活動を休止してしまえばプロペシアを使ってDHTの生成をストップさせててももう活動してくれないわけです。

そのため、薄毛が気になり始めたらできるだけ早く治療を始めることをおすすめします。

薄毛治療を行っている皮膚科は年々増えているので、まずは近所の病院を調べてみてはいかがでしょうか。
できれば、ホームページでしっかりとAGAについて記述がある病院の方が安心して利用できますね。

AGAは、進行型なので放置していても改善することは難しいです。
遅くなる前に早めの行動をしておきたいですね。

また、本格的に薄毛治療を行う場合、大正製薬から販売されているミノキシジル配合のリアップX5などを併用するのもいいですね。
ただ、ミノキシジルは副作用を訴える方も多いので、市販の育毛剤などと併用すると良いでしょう。

どちらにせよ、AGA治療にはプロペシアは欠かせない薬になることは間違いありません。

薄毛が気になり始めて最初に買った失敗シャンプー

私が薄毛を気にするようになったのは、大学を卒業して2.3年ほどたったころでした。
当時、インターネットやテレビCMでAGAの話をよく目にするようになっていました。

そういったサイトやテレビ番組では、必ずと言っていいほど薄毛になった部位の写真が掲載されていますよね。
それを見た私は、ふと自分の前髪をかき分けて鏡でチェックしてみたのです。

すると、今まで全く気付かなかったのに確実にM字に後退していたのです。

私の家計は、祖父も父も薄毛なのでいずれ薄毛になると心のどこかで考えはしていました。
しかし、まさか20代のこの年齢で薄毛になっているとは信じられませんでした…。

薄毛に気づいてしまった私は、AGA治療薬ではなく、とりあえずシャンプーを変えることにしました。
なぜあの時、シャンプーを変えようと思い始めたのかは自分でも謎ですが、近所のスーパーに足を運びました。

シャンプー売り場で改めてシャンプーの種類の多さに驚きました。
一体どれを選べばいいのか…いろいろ見ていると、男用のシャンプーだけがまとまっているのを発見。
それまでは、男性用と女性用が分かれているのを知らなかったので、テレビCMで有名なシャンプーを使っていました。

男用のシャンプーをチェックしてみると「育毛!」「皮脂までごっそり!」「スカルプシャンプー」って文字が良く目に留まりました。
なんとなくテレビCMしていたのを覚えていた某シャンプーを手に取り、買って帰りました。

その後、何も意識しないでそのシャンプーを使い続けていたのですが、なかなか抜け毛が落ち着きません。
そこで、またまたインターネットでシャンプーについて調べてみることにしました。

すると今使っているそのシャンプーには、高級アルコール系と呼ばれる頭皮への刺激がとても強い成分が入っていることを知りました。
抜け毛が気になる場合、あまりおすすめしないシャンプーと紹介されていたのでかなりショックでしたね…。

他にもいろいろなシャンプーを見ていたのですが、市販されているシャンプーのほとんどが、刺激が強すぎることを知りました。
男のAGAの場合、直接シャンプーが原因で抜け毛になることはないのですが、頭皮環境にはあまり良くないみたいです。

ということで、その情報を知ってからは頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使い始めるようになりました。
これが薄毛対策を始めた私のはじめの失敗でしたね。
やはりしっかりと勉強してから取り組まないとなかなか結果は出ないばかりか、時間もお金も無駄だと知った経験でした。

はじめまして、失敗してきました

はじめまして、このブログを執筆しているものです。
私はこれまでに、様々な薄毛対策を実践してきました。

テレビで皮脂が原因だといわれれば、毎晩時間をかけてシャンプーをしてきました。
シャンプーは、5千円を超える高価なものも使ってきましたし、ネット通販で人気のアミノ酸系シャンプー、育毛シャンプー、スカルプシャンプーなどさまざまなものを使ってきました。

他にも、頭皮マッサージについても書籍を買って実践しました。
指先で優しくやるのが良いと知れば、毎晩シャンプー中や毎朝行うようにしてきました。

いろいろな薄毛対策を行ってきたおかげで、なんとか現状維持をキープすることができています。
ただ、中にはやってもほとんど意味がなかったばかりではなく、お金の無駄になってしまった薄毛対策もたくさんありました。

薄毛で悩んでいる方は、私以外にもたくさんおられると思います。
最近では、薄毛治療薬のプロペシアやミノキシジルが販売されていることから、薄毛治療を行えるような環境が整ってきました。

プロペシアは、医師の処方が必要ですが、多くの皮膚科で取扱いしている為、とても手に入れやすくなっていますし、AGA専門クリニックに行けば専門的な治療を施してもらえます。

このように、薄毛の悩みを解決する方法はたくさんありますが、まだまだ嘘か本当かわからない育毛の話はたくさんあります。
このブログでは、そんな私の体験談を元にいろいろお話できればなと思っています。